20thを記念して、
20年プレイヤーの間で
定石となっているプレイングを紹介します。

今回のテーマは
 「後攻の最初のターンについて」です。

後攻の最初のメインフェイズでは極力、代理地形か地形を置きましょう。

そうすれば、次のターンに本陣の斜め前に地形を置くことができます。

後攻プレイヤーが最初のターンに飛行ユニットと歩行ユニットを召還していたら、
次のターンは2面展開できます。

飛行ユニットは斜め進軍ができるので、
飛行ユニットが相手本陣にたどりつきやすくなります。

後攻プレイヤーの最初のターンの召還が歩行ユニットだけだとしても、
最初に地形を置いていれば、新地形配置ルールにより
相手本陣前にこちらの地形を差し込むこともできます。

例えば、星を掴める距離とかを相手本陣前に差し込むと面白そうです。


ただし、先行の相手が召還したパーティをしっかり見ましょう。

深海移動や土中移動などの特殊進軍を持つユニットがいれば
いきなり、本陣前の地形を取られてピンチになります。


他にも代理地形を置くことで受けられる恩恵はあります。
フェニックスやダイダラなど[彼方から]の能力を持つユニットを
空き地に召還できることです。


他には術師がある時は、1ドローも忘れないようにしましょう。



ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ
にほんブログ村 




予約トレカ【ボックス】モンスター・コレクションTCG 20th Anniversary ブースターパック 太陽の金の竜姫

予約トレカ【ボックス】モンスター・コレクションTCG 20th Anniversary ブースターパック 月の銀の魔狼